0 検索結果
            結果に戻る

              脅威対策プラットフォーム(CTP)

              脅威対策プラットフォームは早期警告システムとして機能し、サイバー攻撃の目的とアクションに関するインテリジェンスおよび対策に関する情報を提供します。

              Counter Threat Platform(CTP)– 進化し続けるサイバー脅威に対抗する早期警告システム

              巧妙な攻撃者に関する詳しい知識を備え、このインテリジェンスに基づいてお客様を保護するソリューションを開発することが、私たちの取り組みの中心です。

              脅威対策プラットフォームは、当社のインテリジェンスに基づく情報セキュリティソリューションの根幹です。脅威対策プラットフォームは、世界各国のお客様のシステムで日々発生する1,900億を超えるネットワークイベントの分析を通じて潜在的な脅威を検出し、対策を提供するとともに、攻撃者の目的とアクションに関するインテリジェンスと有用な関連情報を生成します。これには、多くの場合大規模な侵害が報告される前に、攻撃者の標的となっている場所を特定し、インターネットを介して攻撃がどのように広がっているかを確認することが含まれます。

              脅威対策プラットフォームは、次のことを可能にします。

              • 防御: 脅威が企業に到達する前に、脅威を沈静化するインテリジェンスを適用
              • 検知: オンプレミスからクラウドまで、マルウェアだけでなく攻撃者そのものの検知をサポート
              • 対応: インシデントへの対応、脅威の排除、および通常業務への復旧を迅速に実行
              • 予測: 進化し続けるサイバー上の脅威を未然に防ぐために、グローバルな可視化とえり抜きのインテリジェンスを適用

              関連コンテンツ