0 検索結果
              結果に戻る

                デジタル・フォレンジック調査

                システムへの侵入経路を特定し、侵害されたデータを突き止めます。

                侵害が発生した場合は、根本原因を突き止めることで、脅威を迅速に封じ込め、影響を最小限に抑えることが重要です。しかし、証拠となる手順を見落とせば、法的機関や政府機関が脅威の攻撃者を追跡する手伝いをする手段が限られてしまう可能性があります。

                サイバー犯罪者は狡猾です。うまく身を隠し、攻撃に最適な瞬間がくるまで待ち続けます。脅威の攻撃者が動き出したら、侵害の全容を把握し、システムのどのあたりまで侵入されているか、そしてどのデータが盗まれたかを正確に突き止めることが非常に重要です。多くの場合、これを実現するには詳細なデジタル・フォレンジックまたはコンピュータ・フォレンジック調査を行うしかありません。

                また、セキュリティ侵害が発生したかどうかに確信が持てない場合に、適切なデジタル・フォレンジック調査によって確認することができます。

                どちらの場合も、証拠となる手順についてのトレーニングを受けた情報セキュリティコンサルタントを利用して、調査結果の整合性と許容性を確認するのが最も確実な方法です。

                SecureWorks デジタル・フォレンジック・サービスにおいて、当社の情報セキュリティコンサルタントは、ハードドライブ、CD、DVD、USBメディアなどに保存されたデータを、インシデント対応の手順を使用して迅速にキャプチャし、分析します。

                当社のITセキュリティチームはインシデントを徹底的に調査し、すべての結果をお客様にお知らせします。コンピュータ・フォレンジック調査は、インシデント・レスポンスの対応中に実施することも、お客様のご要望に応じて個別に実施することもできます。SecureWorksのコンダルタントは高度なサイバー・スレット・インテリジェンスを活用して、セキュリティ侵害の調査、その推定原因の特定、PCI Security Standards Councilの要請に応じた適切な当事者への状況報告を行い、お客様の環境にある脅威をできるかぎり迅速に阻止して取り除けるようにします。

                関連コンテンツ