0 検索結果
            結果に戻る

              インシデント管理リテーナー

              サイバーセキュリティ侵害の期間と影響を最小限に抑えます。

              SecureWorks インシデント管理リテーナーは、当社のえり抜きのインシデント対応チームが迅速にセキュリティ侵害を封じ込め、その影響を軽減し、回復のお手伝いをすることをお約束します。

              システムがサイバー攻撃を受けた場合、脅威を最小限に抑え、重要なシステムとデータを保護するためには、迅速かつ徹底的なインシデント・レスポンスが不可欠です。時間がかかるほど問題は悪化し、対応の遅れや非効率は、セキュリティ侵害によるダメージや損失を増やすだけです。

              SecureWorksのインシデント対応リテーナー・サービスでは、ネットワークセキュリティの侵害が報告されると、当社の専門家が迅速に緊急インシデント対応サービスを提供します。私たちはインシデントへの対応に費やされる時間を減らし、対応の全体的な有効性を向上させます。具体的には、当社の専門家がセキュリティ侵害を封じ込め、脅威を緩和し、お客様の資産を保護します。その結果、侵攻中のサイバーセキュリティ侵害の期間と組織への影響を最小限に抑えることができます。

              攻撃が仕掛けられたことに気付いた場合、または警告が送信された場合には、経験豊富な調査担当者に速やかに連絡し、お客様の組織を標的としたセキュリティ侵害の評価をすぐに始めることができます。十分なトレーニングを受けた当社の調査担当者が、まずはリモート評価機能を使用し、攻撃を封じ込めて緩和する最適な方法を迅速に指示します。

              調査の間、インシデント管理コンサルタントはお客様が感じている切迫感を共有し、困難を乗り切るお手伝いをします。インシデント管理コンサルタントは、お客様がインシデントの性質を理解し、業界のベストプラクティスに従って必要なアクションを取るための明確な指示を適切な関係者に伝え、セキュリティ侵害から回復するお手伝いをします。

              差し迫った脅威のインシデントを緩和した後は、脅威のすべての形跡を消し去り、影響を受けたシステムを回復することに焦点が移ります。このとき、適切かつ徹底的に根絶することが非常に重要です。企業はインシデントが解決したと思い込んでいても、根絶が不十分であったために、数日後に同じインシデントに再び対応しているということも少なくありません。攻撃者が企業のネットワークやシステムに侵入して検知を回避し続けるために使用している最新のメカニズムと技術を理解することで、インシデントが再発するリスクを大幅に減らすことができます。

              サイバー攻撃のあと、インシデント後のレポートと分析に加え、今後の対策を強化するために必要な、特定された対策の優先事項が調査担当者からお客様に提供されます。また、対応の工数が契約時間より短い場合は、その時間を、既存のインシデント対応計画の検証や、対応のためのさらなるトレーニングや演習に充当することができます。

              SecureWorksを利用すると、以下の利点が得られます。

              • サイバーセキュリティ侵害の期間と影響を最小限に抑えます。
              • 危機が発生した際の、インシデント対応のセキュリティコンサルタントによるサポートを保証します。
              • セキュリティ侵害が発生した場合に、インシデント対応の専門家が迅速に対応します。
              • ITセキュリティコンサルタントが36時間以内に現地に伺います。
              • 調達プロセスとそれに伴う契約承認に起因する、作業開始の遅れで発生するコストを削減します。
              • 担当者の空いた時間を利用して、ITセキュリティ対応チームの能力を高めることができます。

              主なメリット:

              • 迅速な修復: セキュリティ侵害の期間と影響を最小限に抑えます。
              • 可用性の保証: 危機が発生した際の、コンサルタントのサポートを保証します。
              • コスト削減: 事前の契約により、作業開始の遅れで発生するコスト削減します。

              関連コンテンツ