0 検索結果
            結果に戻る

              インシデント対応に関するワークショップと演習

              専門家のサポートでインシデント対応能力を高める

              サイバー攻撃は組織の収益に影響を与え、結果的に生産性や販売機会、営業活動に損失が生じたり、評判やブランドが傷ついたりする可能性があります。

              また、経営陣から見たITチームの信頼が損なわれる可能性もあります。サイバー攻撃へのしっかりとした準備を行うために、セキュリティ対応の手順を検証し、これまでのインシデントから学び、信頼できるセキュリティの専門化からベストプラクティスに関する指導を受けることをお勧めします。

              幸いなことに、準備は可能です。脅威の攻撃者がネットワークに侵入しようとしたからといって、被害が発生する必要はありません。SecureWorksが提供するワークショップと演習では、ベストプラクティスを学び、セキュリティ基盤を検証することができます。

              インシデント対応ワークショップ:

              SecureWorksでは、当社がお客様の組織を理解し、お客様にはセキュリティ上の課題解決を当社がどのようにご支援できるかを学んでいただくための、事前のオプションサービスをご用意しています。このワークショップでは、現場で起きていることについて専門家の意見を聞いたり、インシデント対応とその計画方法について質問したりできます。

              インシデント対応(IR)トレーニング・ワークショップには、次のオプションが含まれます。

              • IRの基礎
              • 証拠の取り扱いと分析過程の管理
              • 揮発性データの収集と分析
              • フォレンジック・イメージング技術
              • 基本的なフォレンジック分析
              • 初期対応者のためのマルウェア分析

              IRの机上演習および機能演習の特徴は、お客様の環境に合わせたサイバー攻撃シナリオです。この演習はお客様のIR戦略およびプランに不足している部分と曖昧さを浮き彫りにすることを目的としています。SecureWorksは、机上演習と機能演習のサポートでお客様のIRプランを検証するお手伝いをします。

              • 机上演習は、役割、責任、連携、および意思決定を検証します。
              • 機能演習は机上演習後に行われ、運用の準備ができているかどうかを検証します。

              関連コンテンツ