0 検索結果
              結果に戻る

                エンドポイントの高度な脅威検知(AETD)

                エンドポイントに対するセキュリティ侵害の警告を即座に入手

                巧妙な攻撃者はセキュリティ制御を巧みにすり抜けます。これらの攻撃を迅速に見つけて防ぐには、監視から管理まですべてのサービスを提供するエンドポイントの高度な脅威検知(AETD)サービスが、セキュリティチームにとって重要な「切り札」となるかもしれません。

                攻撃者は、多くのエンドポイントによってもたらされる攻撃のチャンスを利用して、少しずつ侵害を行いネットワークに蔓延していくための標的を設定します。セキュリティチームが認識するリスクはますます増えていますが、それらを24時間監視することは困難です。とはいえ、サイバー犯罪者は24時間365日攻撃を仕掛けてきます。ネットワークに接続されたエンドポイントをスキャンするだけでは十分ではありません。

                入念な調査を行い、各エンドポイントが安全かつ適切に構成されていることを確認する必要があります。そして、もしもエンドポイントが悪用されていれば、攻撃者の存在を確認し、セキュリティが侵害されているシステムを特定し、ダメージを修復する方法を把握する必要があります。

                ソフトウェアだけではこの問題に最適なソリューションとは言えません。エンドポイントのセキュリティが侵害されている可能性を警告することでセキュリティ状況の把握を強化する、24時間365日体制の監視を提供する管理サービスが必要です。

                エンドポイントの高度な脅威検知(AETD)サービスは、脅威を特定するだけでなく、攻撃者とその技術に関する広範囲なインテリジェンスを利用し、セキュリティを侵害されているシステム、その方法、さらにはそのダメージを修復する方法をピンポイントに特定することで、お客様が迅速に対応できるようサポートします。

                セキュリティチームは、エンドポイントの高度な脅威検知(AETD)を利用して次のことを行えます。

                • エンドポイントに高度な攻撃者による活動の兆候がないかを監視
                • 状況の変化に応じて特定の脅威指標をスキャン
                • スレット・インテリジェンスのデータを最新状態に維持
                • エンドポイント・フォレンジックの分析
                • エンドポイントのセキュリティ侵害が示された場合に、どのような処理を行うべきかについて具体的なガイダンスをお客様に警告

                主なメリット:

                • 状況把握の強化: エンドポイントのセキュリティ侵害の兆候をより迅速に検知します。
                • 高度なインテリジェンスの使用: SecureWorks Counter Threat Unit™(CTU)によって開発されたインテリジェンスに基づくサービスです。
                • 優れた可視性: ネットワークに侵入して広がる高度な脅威を表示します。
                • コスト削減: 影響を受けるシステムの迅速な特定をAETDがサポートします。

                関連コンテンツ

                関連ソリューション