コンタクト先
0 検索結果
              結果に戻る
                Close コンタクト先

                エンドポイントの高度な攻撃防御:Advanced Endpoint Threat Prevention (AETP) Cb Defense

                次世代アンチウイルス (NGAV) でエンドポイントを脅威から防御する

                エンドポントを狙う高度な脅威を防ぐために費やされる労力を削減し、様々な脅威から企業組織を保護します。

                従来型のアンチウイルスソフトウェアではもはや進化し続ける攻撃に対処しきれません。また、企業組織は増え続けるアラートの妥当性を、攻撃が成功し、侵害されてしまう前に確認し、対策を取らなくてはなりません。米国の調査会社 Ponemon Institute の 「The Cost of Insecure Endpoints」 の報告によれば、企業組織では週平均 615 件のネットワーク セキュリティのアラートがあり、そのうち信頼性が高いのは 277 件のみで、115 件はさらなる調査が必要です[1]。このようなサイバーリスクを軽減することは難しく、限られたスキルとリソースではなおさらです。



                [1] Ponemon Study: The Cost of Insecure Endpoints June, 2017, sponsored by Absolute Software

                主な特長

                攻撃から防御し、リスクを軽減

                防御できる攻撃を確実に防御し、防御できない攻撃のリスクを特定します

                ビジネスに注力

                フォルス ポジティブ (誤検知) や重要でないイベントに費やす時間を削減し、さらなるビジネスへの注力を実現します。

                限られたリソースの適切な配置

                Secureworks の 熟練したアナリストが、24 時間 365 日体制の管理でより迅速に防御します。

                ビジネスの成果を高める

                自動化されたシステムでサイバー攻撃によるビジネスインパクトを軽減します。

                関連コンテンツ

                Close Modal
                Close Modal