0 検索結果
            結果に戻る

              サーバ監視保護

              サーバを悪用する攻撃者をすばやく特定して対応

              強力なセキュリティ体制を確立するには、多層防御を実現し管理を統合する必要があります。この層の1つが、重要なデータを保存するサーバの監視です。しかし、クラウド資産とレガシー資産の監視と保護にセキュリティ専門家を配置することは次第に難しくなっているのが現状です。

              セキュリティ部門が直面している大きな課題は、オンプレミスとクラウドの両方で運用しているサーバへのリスクをいかに削減しつつ、円滑な業務運用を確保できるかです。脅威に対応でき、サーバを監視できるスキル、プロセス、およびツールが不足していることもあります。常に変化する環境でシステム全体への可視性が実現できていない場合、最重要課題の1つとしてランク付けされると考えられるのはサーバの監視です。

              今日の脅威で特徴的なのは、標的を明確にして、高度なマルウェアを駆使し、執拗な攻撃を行うことです。従来のネットワークの境界を保護して規制コンプライアンスを遵守することは大事ですが、マルチテナント環境を標的にするサイバー上の脅威の特定、緩和、または阻止を行うには、それはもはや有効な手段ではありません。サーバへの脅威は、多くの場合、境界にある従来のセキュリティ対策機器を越えなくても、サーバと仮想マシンの間を横に移動できるようになっています。監視による警戒が、防御と検出のカギになります。

              サーバ監視保護サービスは、仮想サーバも物理サーバもサポートするプラットフォームでファイアウォール、IPS/IDS、およびマルウェア対策と共通の管理インターフェイスを備えています。経験豊富なセキュリティ専門家による24時間365日の監視のもとで機能を提供する、防御に優れたセキュリティサービスです。

              主なメリット:

              • 保護: データ漏洩を阻止する保護されたサーバおよび仮想デスクトップ
              • コスト削減: 重要な問題への対応および緩和に要する経費の削減
              • コンプライアンスの実現: PCI DSS 2.0、HIPAA、NIST、SSAE16などの標準への対応

              関連コンテンツ

              関連ソリューション