0 検索結果
              結果に戻る

                ファイアウォール管理

                ファイアウォールの管理および監視の簡素化と効率化

                ファイアウォールの管理には、多くのリソースが必要です。また、不正なアクセスを防ぎ、侵害によるコストの発生を回避するために高度な専門知識も求められます。さらにファイアウォール機器には、最新の脅威に対応できるようにプロビジョニング、デプロイ、アップグレード、およびパッチ処理をする必要があります。

                セキュリティ対策機器を初期設定のまま運用していても問題なかった時代は終わりました。ファイアウォール機器のセキュリティポリシーと設定は、ビジネス環境の変化に合わせて適切なアクセス制御が行われるように更新し続けなければなりません。ファイアウォールでネットワーク通信を継続的に監視し、損害が発生する前に脅威を特定して対応できるようにしておく必要があります。

                ファイアウォール管理サービスでは、24時間365日のファイアウォール管理、ログ監視、およびセキュリティとファイアウォール機器の正常性に関するイベントへの対応を提供します。セキュリティと正常性に関するイベントはIT環境の相関分析に利用されます。SecureWorksの経験豊かなセキュリティアナリストが、世界規模のスレット・インテリジェンスと確かな専門知識を用いて脅威を評価しながらこれらのイベントの分析にあたります。脅威が検知されると、専門家がすぐに脅威への対策手段を導き出し、お客様の組織を保護します。

                世界規模の可視性とCounter Threat Unit™(CTU)リサーチチームによるインテリジェンスがファイアウォール管理サービスに組み込まれ、ポリシーとファイアウォールのログの分析を強化しています。この特徴の1つが、脅威に関連するIPアドレスの攻撃者データベースです。このインテリジェンスがサービスに統合され、ハイレベルな保護を実現しています。ファイアウォール管理サービスを活用すると、社内のファイアウォールの管理コストと監視コストを削減できるうえ、SecureWorksの確かな専門知識によってセキュリティ対策を強化することができます。

                主なメリット:

                • システムとデータの保護: 24時間365日の監視により損害が発生する前に脅威の警告を通知
                • 管理と監視の負担を軽減: SecureWorksの専門家を活用することでリソースを解放し、経費を削減
                • コンプライアンスの取り組みをサポート: 境界のセキュリティ、アクセス制御、およびログ分析の要件の順守

                関連コンテンツ

                関連ソリューション