0 検索結果
            結果に戻る

              脆弱性対応の優先順位付け

              環境全体の監視、測定、および脆弱性対応の優先順位付け

              優秀なITセキュリティチームは、脆弱性管理の最善の方法を心得ています。それは、内部の脆弱性スキャンと外部の脅威情報の統合です。そのうえで、脆弱性を見つけて修正する場合は、実環境の運用の状況を活用できるようにしておくことです。

              これは口で言うほど簡単なことではありません。というのも、スキャンデータとスレット・インテリジェンスを簡単に統合できる方法はなく、多くの場合、データの分析、統合、優先順位付けをする作業に何時間もかかるためです。

              脆弱性対応の優先順位付けサービスは、外部のインターネット上で発生しているサイバー上の脅威と攻撃データをお客様の脆弱性データに関連付けて、お客様の環境全体を監視、測定して、脆弱性修正の優先順位付けを行います。リスク体制の可視化を含む結果は、専用のビジネス・インテリジェンス・ダッシュボードに表示されます。他にも、スキャン、資産、パッチ、侵入などのデータが集約され詳しく表示されます。脆弱性対応の優先順位付けサービスには、クライアントポータルからアクセスできます。

              主なメリット:

              • 脅威の有効な特定: スキャンは、自動または必要に応じて実行するように設定可能
              • 資産の優先順位付け: 最も深刻な脅威の検出と迅速に解決する方法の発見
              • インテリジェンス主導型の防御: 脅威の先を行き続けるために適用されるSecureWorks Counter Threat Unit™(CTU)リサーチチームの活用
              • リスクのリアルタイム表示: リスクメーターがリアルタイムで脅威を集約して表示

              関連コンテンツ

              関連ソリューション