0 検索結果
            結果に戻る

              高度な脅威対策ソリューション

              標的型攻撃の脅威を阻止するために情報セキュリティサービスを活用

              組織の繁栄と成長は、IT基盤をいかに適切に保護できるかにかかっています。お客様のセキュリティチームが自信を持って防御に関する意思決定を行えるように、サイバー攻撃のサイクル全体に対処できるサービスを導入してチームを強化しましょう。

              サイバー攻撃の防御において時間と可視性は欠かせない要素です。特に、脅威の検知と対応にどのくらいの時間がかかるかは重要な問題です。迅速に検知できれば、業務が中断される可能性が低くなり、ブランドの評判を保護できます。修正に関わるコストを抑制することもできます。迅速な検知と対応は組織への影響を最小化します。既存のセキュリティ対策を補完する高度な脅威対策サービスを活用して事後対策から事前対策に切り替えれば、本来重視すべき業務、つまりビジネスの確実な成長に力を注ぎ続けることができます。

              高度な脅威対策サービスの開発には、SecureWorks Counter Threat Unit™(CTU)の70名を超える常勤のセキュリティ研究者が携わっています。この研究者たちが提供するインテリジェンスによって、ネットワークの境界を越えたサイバー上の脅威の可視化が実現します。一連のサービスに適用されるこのインテリジェンスで、組織は可視性を高め、脅威を検出して対応するまでの時間を短縮し、標的型攻撃を阻止することができます。

              高度な脅威対策サービスによって、セキュリティチームは以下の点でセキュリティ防御を効果的に強化できます。

              • 最新のスレット・インテリジェンスにより、攻撃者が組織を標的にする場合の手段を予測する
              • サイバー攻撃がエスカレートしないよう阻止する
              • 脅威の攻撃者の手法を検知する
              • キルチェーンを断ち切るよう対応する
              • お客様の環境から攻撃者を根絶する

              SecureWorks 高度な脅威対策サービスには以下のサポートが含まれます。

              • エンドポイントの高度な脅威検知(AETD)
              • Enterprise iSensor
              • 標的型攻撃対策システム管理(MAMP)
              • Red Team テスト
              • 標的型攻撃兆候調査
              • 標的型攻撃対策インテリジェンス
              • 標的型攻撃対応

              関連コンテンツ

              関連ソリューション