0 検索結果
              結果に戻る
                Case Studies

                Lake Area Bankの導入事例

                巧妙化するセキュリティ上の脅威から顧客データを保護

                ミネソタ州の7地区で業務を行う地方銀行のLake Area Bankがフィッシング攻撃を受けました。何か盗まれたデータがあるのか不明なため、同銀行はSecureWorksのインシデント対応およびデジタル・フォレンジック・サービスを活用しました。

                どの企業も個人も、加速度的に増えていく攻撃に対して安全とは言えません。巧妙化する脅威からデータを保護し、政府の厳しい規制を満たすために、Lake Area Bankは24時間体制でネットワークの境界を保護し、あらゆる内部トラフィックを監視して、Eメールをフィルタリングする必要があります。セキュリティソリューションの有効性は一様ではないため、Lake Area Bankは使用する手段の選択に非常に慎重になりました。

                ビジネスニーズ

                Lake Area Bankは、厳しい規制要件を満たしながら顧客のアカウントとデータを保護する必要がありました。

                ソリューション

                同銀行は、SecureWorksを活用することで、ネットワークの境界を監視し、潜在的脅威に対するリアルタイムの情報を入手し、必要に応じてインシデントレスポンスの専門リソースをシームレスに利用できるようになりました。

                メリット

                • 銀行の環境を24時間365日体制で保護
                • 政府の規制コンプライアンスを簡易化
                • フォレンジック調査において数千ドルのコストを削減
                • ITスタッフの効率性の向上とストレスの軽減
                • マネージド・セキュリティおよびインシデント対応サービスによりトロイの木馬ウイルスに対応する時間を数週間節約

                関連コンテンツ