0 検索結果
              結果に戻る
                Data Sheets

                エンドポイントの高度な脅威検知(AETD)

                CTU のエンドポイント・インテリジェンスによる検知の強化

                独自の技術であるSecureWorks Counter Threat Unit™ エンドポイント・インテリジェンス・テクノロジを採用したエンドポイントの高度な脅威検知(AETD)サービスは、エンドポイントにセキュリティ侵害の疑いがある場合に警告を発し、侵害されたシステムを正確に特定することで、お客様の状況把握を強化します。

                エンドポイントの高度な脅威検知(AETD)サービスは、サーバ、ノートパソコン、およびデスクトップにインストールされたソフトウェア・センサを利用します。これらのセンサは、レジストリ、ファイルシステム、処理テーブル、メモリなどの動作領域にセキュリティ侵害の兆候がないかを「常時稼動」して監視します。この「常時稼働」というソリューションの性質により、脅威の兆候が検知された場合に、可能な限り迅速に警告を発することができます。

                メリット:
                • エンドポイントのセキュリティ侵害の兆候を検出することで、状況把握を強化します。
                • 影響を受けるシステムを迅速に特定することで応答時間を短縮します。
                • システムのパッチ適用を可能にすることで再イメージングと比べてコストを削減できます。
                • 標的型攻撃の脅威にさらされるリスクを減らし、防御を強化します。
                • データ損失の範囲を最小限に抑えます。
                • システムの整合性およびデータの機密性の信頼を高めます。

                関連コンテンツ