コンタクト先
0 検索結果
              結果に戻る
                Close コンタクト先

                インシデント管理リテーナー

                事前準備とレジリエンスを備えたインシデント対応の変革

                セキュアワークスのインシデント管理リテーナー (IMR) は、  は、リテーナー方式による事前契約により、サイバーインシデント発生時に優先的なサポートが受けられ、ワールドワイドのカバレッジや、一定の基準を満たし強化された SLA のほか、幅広いインシデント対応およびセキュリティプログラムの事前準備に関するコンサルティングサービスオプションを利用して、サイバーセキュリティの全体像を管理できるようになります。

                セキュリティプログラム機能の有効性を定期的に確認し、セキュリティテスト、調査およびアドバイザリーコンサルティングサービスオプションにより改善を行い、最前線の脅威に対してリスクベースの方法論を活用して、サイバーインシデント対応の事前の備えと、あらゆるサイバーイベントに対する回復力を確保します。

                当社では毎月約20億件のイベントを生成しています。セキュアワークスを使用することで、その数を20~30件の忠実なアラートまで絞り込むことができます。これにより、私のチームの仕事が格段に楽になりました。
                Minter Ellison社サイバー・情報セキュリティ責任者 Sunil Saale氏
                Red Cloak™ 脅威ディテクション & レスポンス(TDR)は次世代SIEMでなく、進化したものです。
                リコーグループCISO David Levine氏

                セキュアワークスの強み


                Secureworks (NASDAQ: SCWX) は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーです。当社ソリューションをご活用いただくことにより、お客様やパートナーは攻撃者よりも常に先手を打ち、マーケットに迅速に対応し、ビジネスニーズを満たすことができます。クラウドネイティブのSaaSセキュリティプラットフォームとインテリジェンス主導のセキュリティソリューションの独自の組み合わせにより、20年以上の脅威インテリジェンスと分析から得た情報をご提供しております。長年にわたる豊富な経験に基づいた情報を提供するセキュリティプラットフォームは、唯一無二のセキュアワークスだけです。

                関連コンテンツ