コンタクト先
0 検索結果
              結果に戻る
                Close コンタクト先

                パンデミックによる変化:新型コロナウィルスがインシデント対応に及ぼす影響とは

                セキュアワークスのインシデント対応者は、パンデミック時のインシデント対応から得た 教訓を共有し、共通の問題を回避するためのアドバイスを提供しています。

                概要

                • DX時代に求められる真のセキュリティトランスフォーメーションを実現するセキュアワークスのソリューションポートフォリオ
                • Withコロナを狙ったサイバー攻撃に立ち向かうために見直すべきセキュリティプラクティス
                • 新型コロナウィルスを悪用する最新の攻撃トレンドとその対策とは

                セキュアワークスでは毎年、過去1年間のインシデント対応の取り組みから得られた知見をまとめたレポートを発表しています。2020年は前例のない混乱の年であるため、今年のレポートでは、変化した世界という視点からインシデント対応にアプローチしています。

                新型コロナウィルスは組織のテレワーク化にともない、ビジネスインフラに急速な変化をもたらしました。この変化はあまりにも急速に起こったため、多くの企業は事業運営の維持を優先しなければならず、セキュリティ対策に費やす時間が少なくなってしまいました。これにより、多くの組織のセキュリティリスクの状況が変化し、インシデント対応担当者は、攻撃者が現場でこの状況を悪用している証拠を目の当たりにすることになりました。

                本レポートでは、世界的なパンデミックがセキュリティリスクを高め、インシデント対応にどのような影響を与えたかのかご紹介しています。また、組織が犯した重大な過ちを明らかにし、組織の安全を確保するための重要な推奨事項を提供しています。新型コロナウィルスは、セキュリティチームが将来の不測の事態に備えるための、多くの教訓をご提供しています。

                気に入っていただけましたか?
                次のフォームにご記入いただくと、ただちにアクセスできます。

                当社では毎月約20億件のイベントを生成しています。セキュアワークスを使用することで、その数を20~30件の忠実なアラートまで絞り込むことができます。これにより、私のチームの仕事が格段に楽になりました。
                Minter Ellison社サイバー・情報セキュリティ責任者 Sunil Saale氏
                Red Cloak™ 脅威ディテクション & レスポンス(TDR)は次世代SIEMでなく、進化したものです。
                リコーグループCISO David Levine氏

                セキュアワークスの強み


                Secureworks (NASDAQ: SCWX) は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーです。当社ソリューションをご活用いただくことにより、お客様やパートナーは攻撃者よりも常に先手を打ち、マーケットに迅速に対応し、ビジネスニーズを満たすことができます。クラウドネイティブのSaaSセキュリティプラットフォームとインテリジェンス主導のセキュリティソリューションの独自の組み合わせにより、20年以上の脅威インテリジェンスと分析から得た情報をご提供しております。長年にわたる豊富な経験に基づいた情報を提供するセキュリティプラットフォームは、唯一無二のセキュアワークスだけです。

                関連コンテンツ