コンタクト先
0 検索結果
              結果に戻る
                Close コンタクト先

                脅威インテリジェンスエグゼクティブレポート2022: Vol. 1

                2021年11月から12月にインフォメーションセキュリティで発生したイベントと傾向

                概要

                • Log4j の脆弱性により、サードパーティコードにおけるセキュリティの問題が浮き彫りに
                • 戦術を共有し、巧妙化する中国のサイバー攻撃グループ
                • ランサムウェア攻撃グループの動向:新興勢力、活動を続ける勢力、活動を再開した勢力

                セキュアワークスのカウンター・スレット・ユニット( CTU™ )リサーチチームは、セキュリティの脅威を分析し、組織によるシステム保護を支援しています。2021年11月から12月にかけて観測された脅威のふるまい、グローバル規模の脅威状況、セキュリティトレンドをもとに、注目すべきポイントを CTU™ のリサーチャーがまとめました。

                気に入っていただけましたか?
                次のフォームにご記入いただくと、ただちにアクセスできます。

                当社では毎月約20億件のイベントを生成しています。セキュアワークスを使用することで、その数を20~30件の忠実なアラートまで絞り込むことができます。これにより、私のチームの仕事が格段に楽になりました。
                Minter Ellison社サイバー・情報セキュリティ責任者 Sunil Saale氏
                Red Cloak™ 脅威ディテクション & レスポンス(TDR)は次世代SIEMでなく、進化したものです。
                リコーグループCISO David Levine氏

                セキュアワークスの強み

                Secureworks (NASDAQ: SCWX) は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーです。当社ソリューションをご活用いただくことにより、お客様やパートナーは攻撃者よりも常に先手を打ち、マーケットに迅速に対応し、ビジネスニーズを満たすことができます。クラウドネイティブのSaaSセキュリティプラットフォームとインテリジェンス主導のセキュリティソリューションの独自の組み合わせにより、20年以上の脅威インテリジェンスと分析から得た情報をご提供しております。長年にわたる豊富な経験に基づいた情報を提供するセキュリティプラットフォームは、唯一無二のセキュアワークスだけです。

                関連コンテンツ

                Close Modal
                Close Modal