コンタクト先
0 検索結果
              結果に戻る
                Close コンタクト先

                年間1,400件以上のインシデント対応から導く、2021年を代表する最新サイバー脅威

                2021年の9月に発表したセキュアワークスの最新インシデント対応レポートから、1年間の脅威の状況を解説いたします

                セキュアワークス株式会社 技術統括本部 リードSE 谷 守行

                セキュアワークスでは毎年、過去1年間のインシデント対応の取り組みから得られた知見をまとめたレポートを発表しています。

                2021年はSolarWindsの余波に始まり、HAFNIUM、コロニアル・パイプライン、Kaseyaに至るまで、サイバーセキュリティの世界は一年中話題には事欠きませんでした。サイバー脅威はその主体が革新を続け、試行錯誤のあらゆる手法でもって進化しています。セキュアワークスのカウンター・スレット・ユニットは、毎年何兆件ものセキュリティイベントを分析しており、その結果、初期段階のランサムウェア、ビジネスメール詐欺、国家を後ろ盾にするスパイ活動攻撃などを目撃しています。

                本セッションでは、2021年の9月に発表したセキュアワークスの最新インシデント対応レポートから、過去1年間の脅威の状況について、ご説明いたします。

                気に入っていただけましたか?
                次のフォームにご記入いただくと、ただちにアクセスできます。

                当社では毎月約20億件のイベントを生成しています。セキュアワークスを使用することで、その数を20~30件の忠実なアラートまで絞り込むことができます。これにより、私のチームの仕事が格段に楽になりました。
                Minter Ellison社サイバー・情報セキュリティ責任者 Sunil Saale氏
                Red Cloak™ 脅威ディテクション & レスポンス(TDR)は次世代SIEMでなく、進化したものです。
                リコーグループCISO David Levine氏

                セキュアワークスの強み

                Secureworks (NASDAQ: SCWX) は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーです。当社ソリューションをご活用いただくことにより、お客様やパートナーは攻撃者よりも常に先手を打ち、マーケットに迅速に対応し、ビジネスニーズを満たすことができます。クラウドネイティブのSaaSセキュリティプラットフォームとインテリジェンス主導のセキュリティソリューションの独自の組み合わせにより、20年以上の脅威インテリジェンスと分析から得た情報をご提供しております。長年にわたる豊富な経験に基づいた情報を提供するセキュリティプラットフォームは、唯一無二のセキュアワークスだけです。

                関連コンテンツ

                Close Modal
                Close Modal