コンタクト先
0 検索結果
              結果に戻る
                Close コンタクト先

                猛威をふるうランサムウェア対策に、プロアクティブなリスク診断を実施しませんか?

                 

                • 講師:セキュアワークス株式会社 SEチーム 濱野健一
                • ライブ配信日:2022年7月21日
                • 再生時間:27:10

                IPAが発行する「2022 情報セキュリティ10大脅威」では昨年に引き続き、「ランサムウェアによる被害」が1位となりました。ランサムウェア攻撃が猛威をふるう背景として、RaaS(Ransomeware-as-a-Service)によるビジネスモデル(分業体制)が構築され、組織に対してたやすく攻撃を実行しやすいこと、そして容易に資金獲得を実現できるという背景があります。
                ここ数年では、ランサムウェアの感染により事業停止を余儀なくされる組織も急増し、ランサムウェア対策は、経営課題のひとつとして何かしらの対策を講ずる必要があります。

                セキュアワークスでは、以下に対する調査により、「ランサムウェアの被害に合わないための弱点の分析」にフォーカスをあてたサービスを展開しています。

                1. 攻撃者の入り口となり得る公開資産(資産洗い出しサービス)
                2. 脆弱性や設定不備など実際に侵入される可能性(ネットワーク診断・ペネトレーションテスト)
                3. ドメイン管理者アカウントの取得につながるセキュリティリスク(Active Directoryセキュリティ診断)

                 

                本セッションでは、年間約1,400件以上のインシデント対応の経験と実績に基づく、セキュアワークス独自のプロアクティブなランサムウェア対策ソリューションをご紹介します。

                気に入っていただけましたか?
                次のフォームにご記入いただくと、ただちにアクセスできます。

                当社では毎月約20億件のイベントを生成しています。セキュアワークスを使用することで、その数を20~30件の忠実なアラートまで絞り込むことができます。これにより、私のチームの仕事が格段に楽になりました。
                Minter Ellison社サイバー・情報セキュリティ責任者 Sunil Saale氏
                Red Cloak™ 脅威ディテクション & レスポンス(TDR)は次世代SIEMでなく、進化したものです。
                リコーグループCISO David Levine氏

                セキュアワークスの強み

                Secureworks (NASDAQ: SCWX) は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーです。当社ソリューションをご活用いただくことにより、お客様やパートナーは攻撃者よりも常に先手を打ち、マーケットに迅速に対応し、ビジネスニーズを満たすことができます。クラウドネイティブのSaaSセキュリティプラットフォームとインテリジェンス主導のセキュリティソリューションの独自の組み合わせにより、20年以上の脅威インテリジェンスと分析から得た情報をご提供しております。長年にわたる豊富な経験に基づいた情報を提供するセキュリティプラットフォームは、唯一無二のセキュアワークスだけです。

                関連コンテンツ

                Close Modal
                Close Modal