0 検索結果
              結果に戻る
                White Papers

                セキュリティを強化し、 GDPR 準拠のための4つのステップ

                GDPR準拠に必要なレベルまでセキュリティ対策を改善するための土台となる重要な4つのステップを解説します。

                EU 一般データ保護規則(GDPR)の適用まで、もう間もなくです。

                GDPR は非常に複雑な規制であり、遵守のための期日は目前に迫っています。まだ準備を始めていない組織は GDPR の義務事項を理解し、プログラム整備を開始することが不可欠です。

                自身のコンプライアンス・プログラムに関連した問題や主要な事業目標に加え、可能な限り早急に重大なリスクを特定し、優先順位付けすることが肝要です。GDPR では、リスクベースのアプローチを使ってこれが実施され、データ主体とビジネスへの影響を評価できるようになることが要求されます。

                GDPR は非常に短い時間枠で大きな実施負担を生じさせるように思われますが、倫理的なビジネスを展開し、個人データの利用にあたり顧客のロイヤルティと信頼の構築に価値を置く企業組織にとっては、心強い法規制として考えることもできます。こうした利点を最大限活用し、またリスクを最小化するには、期日が訪れる前に、準拠へ向け正しいアプローチを取ることが不可欠です。

                本文書では、GDPR の準拠に向けて組織がセキュリティ体制を準備万端に整えるための、非常に実践的で重要な4つのステップについて説明します。

                本文書で分かること

                • GDPR 準拠のセキュリティ対策のためのリスクベースのアプローチの重要性
                • 企業組織内や第三者に対してデータフローのマッピングから開始する必要がある理由
                • GDPR ギャップ分析だけでは GDPR セキュリティプログラムを作成するのに不十分である理由
                • 機能的な GDPR セキュリティプログラムの現行の要求事項

                気に入っていただけましたか?
                次のフォームにご記入いただくと、ただちにアクセスできます。

                役割を選択:

                • 取締役会
                • CEO / CFO / COO
                • CISO / CSO
                • CIO / CTO
                • IT/IS/セキュリティ担当副社長/ディレクタ
                • IT/IS/セキュリティマネージャ
                • IT/IS/セキュリティスタッフ
                • IT/IS/セキュリティ関連以外
                • リスク/法務/コンプライアンス/財務
                • 営業/マーケティング
                • 報道/業界アナリスト
                • 学生

                を選択:

                • Select an item

                都道府県を選択:

                • Select an item

                年間収益を選択:

                • ≥ 1000
                • 501-999
                • ≤ 500

                業界を選択:

                • 銀行業
                • ビジネスサービス
                • 信用組合
                • 教育
                • 金融
                • 政府機関
                • Health Care (Non-Hospital)
                • 重工業
                • 接客業
                • 病院
                • 保険業
                • 法務
                • 製造
                • メディア
                • 会員制組織
                • 小売業
                • テクノロジー
                • 通信
                • 輸送
                • 電気、ガス、水道
                • その他

                現在のセキュリティ環境:

                • 社内で管理
                • 社外で管理(サードパーティ)
                • 融合モデル(社内とサードパーティ)
                • 不明

                選択 次のセキュリティ取り組みの期間:

                • 0~3か月
                • 3~6か月
                • 6~12か月
                • 12~24か月

                Select Our Greatest Security Challenge:

                • クラウドのセキュリティ保護
                • セキュリティ評価の方針
                • セキュリティ運用の最適化
                • 重要な資産の保護
                • コンプライアンスとその維持
                • データ漏洩の回避
                • 実用的なセキュリティ・インテリジェンスへのアクセス
                • セキュリティの専門知識へのアクセス
                • インシデントに対する準備と対応

                詳細を希望する項目

                現在サポートが必要な項目(該当するものをすべて選択)

                お電話のご都合が良い時間(オプション)

                • 早朝(午前8時~午前10時(アメリカ東部標準時間))
                • 昼前(午前10時~正午(アメリカ東部標準時間))
                • 昼過ぎ(正午~午後3時(アメリカ東部標準時間))
                • 夕方(午後3時~午後5時(アメリカ東部標準時間))

                SecureWorksニュース:

                関連コンテンツ