0 検索結果
              結果に戻る
                White Papers

                セキュリティ侵害が起きてしまったら

                外部のセキュリティ対策ベンダーと連携するタイミング

                皆さん、この恐ろしい感覚を経験したことがあるでしょう。自分自身ではどうすることもできない、認めることもつらい経験を。問題を是正しようとしても時間だけが過ぎ、事態が起きたときよりも状況は悪くなるばかりです。

                残念ながら、サイバーセキュリティとインシデント・レスポンスに関しては、過ちから学ぶ時間が十分にありません。

                ただし、綿密に策定された最新のインシデント対応計画があれば、組織は社内の役割と責任を明確に定義し、サードパーティの力を借りる分野を判断できます。問題は、サードパーティと連携するタイミングをどのように判断するか、ということです。

                このホワイトペーパーは、誰が何をいつどの分野で外部のセキュリティ対策ベンダーに連携してもらうのかを定義する、以下のような3つの重要な質問への答えを提供します。

                • インシデント対応計画は準備済みで、タスクに対応できるようになっていますか?
                • あらゆる脅威に対応して、その脅威を根絶し、セキュリティ侵害の範囲を判断する専門技術を持っていますか?
                • 個人情報、私的な情報、または極秘情報がリスクにさらされていますか?

                関連コンテンツ