コンタクト先
0 検索結果
              結果に戻る
                Close コンタクト先

                【年次レビュー】2021年を代表する最新サイバー脅威

                ランサムウェア、サプライチェーン・エクスプロイト、ゼロデイ攻撃、仮想通貨ジャッキング・・・サイバー脅威は2021年を席巻し、その勢いはとどまるところを知りません。

                概要

                • 多くの組織にとって依然としてランサムウェアが最大の脅威
                • 2020 年と比較して、2021 年は攻撃者によるにゼロデイエクスプロイトが大幅に増加
                • ランサムウェアだけでなく、より広範なサイバー犯罪の状況が活性化
                • ID管理が最重要
                • 国家が後援する脅威は、目的に応じて標的を設定
                • サイバー犯罪者および国家を後ろ盾とする攻撃者は、ネットワークへの侵入に、広く普及するペネトレーションツールを依然として使用

                ランサムウェアの被害は拡大の一途をたどっています。インシデントの数、身代金要求額など、これらは増加の一途をたどっています。

                Ransomware-as-a-service(RaaS)のエコシステムによる脅威は、攻撃者が事業を拡大し、規模を問わずあらゆる業界や企業をたやすく標的にすることができます。実際、これらの攻撃は、最大規模のグローバル組織さえ壊滅的な打撃を与えます。

                そしてランサムウェアは、セキュアワークスが報告するインシデントの半分以上を占めています。当社のお客様が日々直面している一番の脅威です。

                しかし、組織を悩ませているのは、この脅威だけではありません。企業が防御を強化する一方で、攻撃者はあらゆる手段を講じて防御を回避しようとします。

                2021年のレポートでは、最新の与えるサイバー攻撃のいくつかを調査しました。本レポートにより、これまでのセキュリティ業界全体の脅威の状況を包括的に把握することができます。

                気に入っていただけましたか?
                次のフォームにご記入いただくと、ただちにアクセスできます。

                当社では毎月約20億件のイベントを生成しています。セキュアワークスを使用することで、その数を20~30件の忠実なアラートまで絞り込むことができます。これにより、私のチームの仕事が格段に楽になりました。
                Minter Ellison社サイバー・情報セキュリティ責任者 Sunil Saale氏
                Red Cloak™ 脅威ディテクション & レスポンス(TDR)は次世代SIEMでなく、進化したものです。
                リコーグループCISO David Levine氏

                セキュアワークスの強み

                Secureworks (NASDAQ: SCWX) は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーです。当社ソリューションをご活用いただくことにより、お客様やパートナーは攻撃者よりも常に先手を打ち、マーケットに迅速に対応し、ビジネスニーズを満たすことができます。クラウドネイティブのSaaSセキュリティプラットフォームとインテリジェンス主導のセキュリティソリューションの独自の組み合わせにより、20年以上の脅威インテリジェンスと分析から得た情報をご提供しております。長年にわたる豊富な経験に基づいた情報を提供するセキュリティプラットフォームは、唯一無二のセキュアワークスだけです。

                関連コンテンツ